HUSH IIBを引っ張り出してみる

どうもギターのノイズが多いのだ。ちょっとアンプのVolを上げるとすぐにハウる。
先日(5/29URGA)のPSYDOLLのライブのときが顕著で、Parkerはノイズに関しては優秀なはずだったのだが、この日はノイズでハウりまくり、結局アンプのVolを下げ、ノイズに関してはなんとかなった。だが肝心の音の方は全然ダメだったらしい(自分でもライブ中弾いていてそれは感じていた)。ADAM-SITESで使っているストラトについても同じ感じで、要するにエフェクタの使い方が悪いのだろうなと。
で、いろいろ対処方法は考えられるのだけれど、思い出した、俺はノイズリダクションを持っているではないの。
そう、学生時代に購入したRocktron HUSH IIBである。1Uラック、1チャンネルのものである。
当時、2万円と少しで新品を入手した記憶がある。金なんか全然無かったのにw
いまならオークションで何千円かで入手可能であろう。
たしか手放してないはずと思い押し入れを漁るとあった、もう10年以上は使っていないと思われるHUSH IIB。
fed0766e.jpg

やはりこういう物は、手放すべきではないのである。
ただ、使用しなくなってから10年以上は経つので、本当に音が出るのか、音は変化しないか、却ってノイズが増えてないか、電源入れたら煙吹いたりしないか、など、気になることは多い。
部屋でヘッドフォンでモニタした状態では、問題なさそう。

ということで、ADAM-SITESの練習に持ち込んでみるわけだが。
…素晴らしい!あれほどのノイズが見事に消えた。しかも全然不自然ではない!昔使っていた頃の設定もそのまま使える。これはとても良いエフェクトである。
もう使うしかないね、ますます機材は重くなるが。たしかコンパクトのHUSHも出ているはず。それと比べてかな。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

ギターをメンテする

部屋弾き用として晒してあったギターを、ふと、メンテしたくなった。
アイボリー(?)のSchecter製ストラトである。購入したのは俺が立川に住んでいた頃だから、なんだかんだで20年くらい前になる。
63e6f188.jpg
なにせ、ずっと部屋に置きっぱなしだったので、ネックが反りまくって、どうにも弾きづらくなっていた。
で、ADAM-SITESのベーシストK氏の話を思い出し、弦がネックに「ひたひた」の状態になるように調整したらどうか、と考えたのである。

要するに、俺の通常のギターのセッティングは、弦高を高めにしてテンションをきつくする、というものであるが、それとは逆に、弦高を限界まで低くしてテンションを弱くしたセッティングにしてみようというわけである。そうしてみたかった理由は、単に、そういったギターを弾いてみたかった、ということに尽きる。

ストラトなので、ネックを外し、トラスロッドを調整、ネックの反りを直す。本当に直っているかどうかは怪しいが、見た目には真っ直ぐになっている、…というか、メンテ前は見た目にも明らかに反っていたのである。
さらにネックとボディとのジョイント部に適当なスペーサを挟んでネックの傾きを調整。…と、既に調整の跡があるな、何か別の板が挟み込んである。フロイドローズを取り付けたときにそのようにしてもらったような気がする。
ついでといっては何だが、弦のゲージを08にしてみる。ギターを弾き始めてずいぶんたつが、08のゲージを使うのは、実は初めてだったりする。

なんとかメンテも終了し、試奏。
…なんていうか、これは今までのギターとは別の楽器だね。チューニングの時点でもう違う。「こんなベロベロなテンションでいいの?」てな感じ。実際に弾いてみると、これをちゃんと弾くには、とりあえず弾き方を変える必要があるかな、というのが正直な感想。まぁ当たり前といえばそうなんだが。なんかギターとは別の楽器を手にしたような気分。

このくらい弦のテンションが低いと、Zappa弾き(先が丸っこいピックを使って、弦をちょいちょいと、つまむように弾く:ucchi命名)もアリかなと思うわけで。Zappa先生、後期のステージでは、場合によっては07ゲージ(本当にこんなのあるのか?)を使うこともあったそうで、それはどんな感じだったのだろう。ギター自体のチューニングも相当にシビアになると思う。
も少しこのセッティングを追求してみるのも面白いかも。
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

ADAM-SITESライブ完了!

a017404b.jpg

というわけで、3/20、池袋LIVE INN ROSAでのADAM-SITES再結成後初ライブが無事、完了した。
わざわざ足を運んでくれた皆様に感謝するのである。
細かいミスなどはあったものの、重大なトラブルも無く、演奏に勢いもあったと思う、良いライブができたと感じている。
b95a539f.jpg

とりあえずリハの話から。
俺などは普段からPSYDOLLで散々ライブをやっていて現役なはずなのだが、何ということだ、生演奏バンドのモニタの取り方をすっかり忘れている。しかもヴォーカルだったりもするので、さらに訳が分からない。そうだよな、打ち込み、特にPSYDOLLの場合は、完全に2MIXのオケなので、オケが鳴っているかいないか、聴こえるか聴こえないか、を気にすればよかったのに対し、生演奏だと何の音を出すかが重要になってくる。こんな基本的なことを、すっかり忘れていたのであった。まぁその感覚はすぐに取り戻せたので、事なきを得たが。ちょっとヴォーカルのモニタが小さいような気もしたが、まぁこんなものかな、ということで。
ちなみに、ここに掲載したすべての写真は、友人のMa”氏が撮影してくれたものである。感謝である。
46e82f24.jpg

う~むそれにしてもギターがノイズっぽい。ブースターかました時のコントロールがイマイチである。シングルコイルだからかな、とりあえず時間見つけてメンテナンスに出してみる必要がありそうである。
そうそう、今回はギターのエフェクタの切り替えに、結局、PEC-1を使用。やはり切り替えはこちらの方が楽である、当たり前だが。重い思いをして運んできた甲斐があったというもの。
73ef726f.jpg

かくして本番。
客は結構入っている。そのせいか知らんが、モニタもすっきり聴こえて演奏がやりやすい。各メンバーの演奏も、練習の時よりもずいぶんと気合が入っている。いい感じだ。…ただ、最もヘタレだったのが自分ではないかという点が、少々気になるが…
39065ba8.jpg

終了後に色々聞いてみたのだが、「ucchiのギターが小さすぎ」「いやギターは二人とも良く出ていた」「ヴォーカルが小さい」「ヴォーカルもよく出ていた」「ドラムは金物しか聴こえない」「キックもスネアもちゃんと出ていた」等々…相反する意見が続出。どういうことなんだ。あれかな、ここLive Inn ROSAはステージの幅が広いのと、ステージ真ん前に巨大な柱があるのとで、場所によって聞こえ方が極端に違うということか。まぁこれはありがちのことである。
f7eca63c.jpg

ちなみに、この日の対バンは、メンバーが殆どが20代前半、中には全員10代のメンバーというバンドもあった。ダブルスコアなどという生易しい話ではなく、もうなんというか息子とか娘といった年代である。一体どういう事なのかね(笑)。企画の主旨として「若い人達を支援する」というのがあるようで、むしろ自分たちの方が異端だったりするわけで。当然といえば当然か。でも、そういった若い連中もADAM-SITESの演奏を面白がって観てくれたようだし、楽しんでもらえてよかった。ADAM-SITESの演奏したような音楽は、彼らにとっては初体験であったろう。彼らに対して何がしかの印象を残せれば、幸いである。
d785e452.jpg


当日のビデオを演奏順に貼る。いろいろとトチったりしているが(主に自分)、是非見てやって欲しいのである。










にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
Live Information
2013/5/15(Wed) 新宿URGA