首都大学東京の「みやこ祭」

今度の土曜は、首都大学東京の大学祭に出ることになった。
2011年みやこ祭 最終日11月05日(土)
首都大学東京 南大沢キャンパス
京王線相模原線「南大沢」駅改札口から徒歩約5分
※改札口を出て右手に緑に囲まれたキャンパスが見えます。
15:10くらいから、1号館の208教室
キャンパスマップ

さてさて、どうなることやら。

10/30、新宿URGAでのADAM-SITESのライブが無事終了!

10/30、新宿URGAでのADAM-SITESのライブが無事終了!
今回は、かなりまとまった演奏ができたと思っています。

来て頂いた方々、ありがとうございました!
来れなかった方々、次はよろしくお願いします。

対バンのアングリーパイレーツ、例のK、どちらもとても凄い演奏を聴かせてくれました。
さらに。80年代から私のアイドル的存在の吉野大作さんと同じステージに立てたのは、とても感激した次第です。
一緒に写真撮ってもらったりして。ミーハーだな~。
還暦を迎えたという大作さんは、今でもやっぱりかっこよかった。

当日のビデオのURLを貼ってしまう。…にしても、この動画の貼り難さは何とかならんのか。それとも俺が知らないだけなのか。












マスタリングのようなもの

4回目の録音を終え、2mixも滞りなく終わり、次の作業は、CD化のための調整処理。所謂マスタリングと呼ばれる処理。まぁ本来マスタリングはPQコードの打ち込みとかもっと工場的な作業なわけだが、アマチュアレベルでは、音圧と音質調整に終止することになる。
今回は2mixのwavデータを自宅のシステムに取り込み、そこでマスタリング処理を行う。
今回使用したは、IK mutlimedeia T-Racks 3と、Universal Audio UAD-2のAmpex ATR-102 。
こんな環境で作業をするわけだがwmix
マスタリング作業自体は、別活動の打ち込み系バンドPSYDOLLで散々やっているのだが、やはり打込み音源と生楽器とでは感触が全然違うわけで。特にピークとか。ADAM-SITESは一発録りなので、その辺もぜんぜん異なる。
前々回では歪に悩まされ、前回は、今聴くと全体的に音像がぼやけている印象がある。
今回は、これまでの経緯を踏まえて、mixも気を使ったつもり。
また、今回は、新アイテムAmpex ATR-102 pluginを導入。画像のテープレコーダみたいのがそれ。
このAmpex ATR-102は、俺はよく知らないのだが、マスタリング用のテープレコーダとして有名なものらしい。

このAmpex ATR-102が結構面白くて、使うテープの銘柄とテープ速度を選び、また、イコライジングを選択できる。プリセットは、著名なマスタリングエンジニア数名の使用パラメータがセットされている。
で、細かいことは分からないので、とりあえずプリセットを使ってみるのだが、これが凄い。どのプリセットも個性的で、それでいて、的確にサウンドを創ってくれる。マスタリングテープレコーダの名は伊達じゃないといったところだ。 別々の日に録音した音源も、これを通すことで音の傾向が統一されるとかそういう感じだな。

今回は、「Lemmings」という曲が、前半が静かめのフリーキーな感じ、後半がメタル+ノイズということで、前半と後半とで音作りが違うので、ここらへんをどうするかが課題の一つであった。
で、結果的には、帯域が広く、メリハリもあり、音圧感がある出来に仕上がったと思う。

そうそう、IK multimediaのT-Racks3 Brickwall Limitterも、原音の感触を失わずにレベル上げ&Limittingができ、使いよかった。

 今回制作したCDは、2011/10/30(日)の新宿URGAでのライブ時に頒布予定です。

ではでは。
Live Information
2013/5/15(Wed) 新宿URGA