2011年10月

マスタリングのようなもの

4回目の録音を終え、2mixも滞りなく終わり、次の作業は、CD化のための調整処理。所謂マスタリングと呼ばれる処理。まぁ本来マスタリングはPQコードの打ち込みとかもっと工場的な作業なわけだが、アマチュアレベルでは、音圧と音質調整に終止することになる。
今回は2mixのwavデータを自宅のシステムに取り込み、そこでマスタリング処理を行う。
今回使用したは、IK mutlimedeia T-Racks 3と、Universal Audio UAD-2のAmpex ATR-102 。
こんな環境で作業をするわけだがwmix
マスタリング作業自体は、別活動の打ち込み系バンドPSYDOLLで散々やっているのだが、やはり打込み音源と生楽器とでは感触が全然違うわけで。特にピークとか。ADAM-SITESは一発録りなので、その辺もぜんぜん異なる。
前々回では歪に悩まされ、前回は、今聴くと全体的に音像がぼやけている印象がある。
今回は、これまでの経緯を踏まえて、mixも気を使ったつもり。
また、今回は、新アイテムAmpex ATR-102 pluginを導入。画像のテープレコーダみたいのがそれ。
このAmpex ATR-102は、俺はよく知らないのだが、マスタリング用のテープレコーダとして有名なものらしい。

このAmpex ATR-102が結構面白くて、使うテープの銘柄とテープ速度を選び、また、イコライジングを選択できる。プリセットは、著名なマスタリングエンジニア数名の使用パラメータがセットされている。
で、細かいことは分からないので、とりあえずプリセットを使ってみるのだが、これが凄い。どのプリセットも個性的で、それでいて、的確にサウンドを創ってくれる。マスタリングテープレコーダの名は伊達じゃないといったところだ。 別々の日に録音した音源も、これを通すことで音の傾向が統一されるとかそういう感じだな。

今回は、「Lemmings」という曲が、前半が静かめのフリーキーな感じ、後半がメタル+ノイズということで、前半と後半とで音作りが違うので、ここらへんをどうするかが課題の一つであった。
で、結果的には、帯域が広く、メリハリもあり、音圧感がある出来に仕上がったと思う。

そうそう、IK multimediaのT-Racks3 Brickwall Limitterも、原音の感触を失わずにレベル上げ&Limittingができ、使いよかった。

 今回制作したCDは、2011/10/30(日)の新宿URGAでのライブ時に頒布予定です。

ではでは。

レコーディング

録音が終わった。
新曲「欲望」はだいぶ気を使ったけど、いい演奏になったと思う。
その緊張が終わった後、もう一曲のLemmingsは長くやっている曲なこともあって、リラックスと言うか、割とあっさり録音できた。201110151522000-1
といいつつ、こっちの曲も新しい試みもしている。 僕って偉いなあ。
新しい試みの一つ、鈴→

しかしまだミックスダウンに行かなきゃ…
ライブ向けの練習もしたいのに…

録音すると、演奏が磨かれる気がするので、10/30のライブはこの2曲が楽しみ。

201110151521000-1201110151521001-1

例のK

10/30ライブの対バン。
結構面白そうよ。
Photos from 例のK (例のK) on Myspace



Live Information
2013/5/15(Wed) 新宿URGA